矯正治療後の後戻りを防ぐために・・・・

投稿日:2016年3月30日

カテゴリ:子供の歯と歯ならびのおはなし

今日は、矯正治療の後戻りについて書いてみます。

矯正治療終了後、装置を外すと歯並びは少しづつ戻っていきます。

歯を動かした後の後戻り傾向は、必ずあります。

また矯正治療の後に限らず、加齢変化の1つとして誰でも差はありますが歯並びは変化するものです。

後戻りを防ぐために後戻り防止装置(保定装置 リテーナーといいます)を入れて後戻りを防いでいきます。

治療中の協力度、舌や口唇などの癖、親知らずの生え方などいろんな条件が関係していますが、まずは保定装置をしっかり使うことが基本だとお考えください。

アメリカの矯正専門医の多くの先生が、保定装置の就寝時の長期使用を勧めていると言われます。

理想は全部の永久歯が出終るまで(高校卒業くらいまで)入れたほうが安心です。

歯を動かした程度にもよりますけどね。

よければ参考にして下さいね。