小児矯正で大切なこと

投稿日:2016年3月30日

カテゴリ:子供の歯と歯ならびのおはなし

小児矯正で大切なことの1つに『矯正治療を行うお子様自身のやる気』があげられます。

いくら保護者の方が歯並びを良くしてあげたいという愛情があっても、とくに取り外し式の矯正装置を用いる場合、良くも悪くも外すことができてしまうので、入れてくれなかったり装着する時間が短すぎれば効果は激減してしまいます。

そうすると当然、矯正治療の結果も変わってきます。

小児矯正では子供のモチベーションを上げるということがもしかしたら一番大切なのかもしれません。

頑張って装置を入れている時は、ぜひ積極的に褒めてあげて下さい。

あと、どうして矯正装置を入れているのか、またはどうして入れたほうがいいのかを、毎日ではなくてもいいので時々お話してあげて下さい。

院内では頑張っているお子様には私たちもモチベーションを上げるようなお声がけをしていますが、間違いなく私たちの言葉より保護者の方からのお言葉の方がお子様は嬉しいはずです。

9~10歳くらいまでのお子様の場合、まだ自我がしっかり確立していない時期なので、矯正治療の成否は保護者の方にかかっていると、ボクが所属している床矯正研究会の代表は常々話をしています。

いかに保護者の方が自分自身のお子様とコミュニケーションを取りしっかりやる気にさせるか、が重要だと言っています。

ただ小学校高学年くらいからは自我が芽生えてくるので、そのくらいのお子様だと本人のやる気が無いと矯正治療の結果は良くないかもしれません。

小児の矯正治療は、歯科医療従事者&お子様本人&保護者の方々  の三人四脚かもしれませんね。