矯正治療中の転勤・引っ越し

投稿日:2016年3月30日

カテゴリ:子供の歯と歯ならびのおはなし

学校歯科健診の時期なので、最近は健診結果の用紙をもらい、歯並びを気にされ来院されるお子様が増えています。
 

「矯正治療を始めて、治療の途中で他県に引っ越すことになった場合はどうなりますか?」
 

時々聞かれます。
 

これについては非常に難しい問題でもあります。
 

当院が矯正治療をしている多くのお子様(幼稚園児・小学生)は、保護者の方々の中には転勤が多い方も少なくありません。
 

当院で矯正装置を入れて、その治療を転勤先で調整してもらえると一番いいのですが、なかなかそうならないことの方が多いです。
 

矯正治療については先生ごとに考え方が異なることが多いからです。
 

たとえ同じ種類の装置を入れたとしても、主治医の先生が細かい部分を変更したくなれば、新しく装置を作る必要が出てきます。
 

それは小児矯正だけでなく、成人矯正でも同様です。
 

転勤や引っ越しの可能性がある場合は必ずかかりつけの先生にその旨を伝えたうえで、矯正治療の相談を受けて下さい。
 

転勤・引っ越しまでかなり時間があれば1つの医院で矯正治療を終えることも可能かもしれません。
 

今日は、歯並び相談で来院される方が最近増えてきたので、それをふまえて書いてみました。


■ 他の記事を読む■