受け口治療はお早めに・・・

投稿日:2016年3月30日

カテゴリ:子供の歯と歯ならびのおはなし

今日は反対咬合(受け口)について書いてみたいと思います。

反対咬合は可能であれば早く改善していった方がいい事が多いです。

早く改善したい理由としては、成長期の反対咬合を放置してしまうと下顎が成長してしまい、受け口がどんどんひどくなる可能性が出てくるからです。

下顎に比べ上顎の方が成長が先に終了してしまいます。

前歯の反対咬合を正しいかみ合わせに治すことによって、下顎の過度な成長を抑えることも可能になります。

成長期のお子様は、顎の成長が終わっている成人の方と違い、顎が発育途中ということもあり、顎の成長力を利用したり、時には顎の成長を抑えて正しい顎の位置関係を、矯正治療により獲得しやすいです。

「うちの子、受け口?」「横顔しゃくれてる?」と思う保護者の方は、早めに近隣の歯科医院もしくはかかりつけの歯科医院を受診してくださいね。