永久歯が・・・、無い。

投稿日:2016年3月30日

カテゴリ:子供の歯と歯ならびのおはなし

最近のお子様で時々お口全体のレントゲン写真を撮影して調べると、最初から永久歯ができていない(欠損している)場合があります。

10人中1人くらい、1クラス2~4人といった割合でしょうか。

そういう場合は、まずはいかにその部分の乳歯を虫歯にしないか、抜けずに(抜かずに)生涯そのままの乳歯で過ごすことができるかを目指します。

虫歯にせず、大人になってもしっかりとした歯周病のコントロールができれば、乳歯のままずっと過ごすことも可能です。

残念ながら乳歯を失ってしまった場合は、そこが隙間になってしまうので、治療が必要になってきます。

治療の選択肢はいくつかありますので、残念ながらそうなってしまった場合は、歯科医師にご相談ください。

5歳くらいになれば多くのお子様が上手にレントゲン撮影ができるのではないかと思っています。

確認をしたことが無いお子様は、一度確認してみても良いと思います。

良ければ参考にして下さいね。