噛むことの大切さ

投稿日:2016年3月30日

カテゴリ:子供の歯と歯ならびのおはなし

子供は離乳期から少しづついろいろな食べ物を経験しながら噛むことを覚えていきます。

今日は、噛むことの大切さを少しまとめてみます。

噛むことによって

①唾液がたくさん出るのでお口の中の清掃性が高まり、虫歯予防になります

②歯ぐきがマッサージされて歯肉炎予防にもなります

③食べ過ぎや肥満防止にもなります

④味覚形成を促進します

⑤唾液と混ぜ合わせることで、硬いものや乾燥した食べ物が食べやすくなります

よく噛んで、元気に育つお子様が一人でも増えると嬉しいです。


■ 他の記事を読む■