上唇小帯

投稿日:2016年3月30日

カテゴリ:子供の歯と歯ならびのおはなし

1歳半健診や3歳児検診で健診の先生に「上唇小帯が長いですね」と言われたことがある保護者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、その上唇小帯について書かせてください。

上唇小帯とは、上唇の中央から歯ぐきに伸びているスジのことです。

このスジが長かったり太いまま上の前歯の交換時期を迎えると、前歯の歯並びを悪くする原因になることもあります。

ですが、お子様のお口の中を確認してスジが長くてもあまり心配しすぎないでください。

成長するにしたがってこのスジが自然に短くなっていくことも多々あるからです。

なので慌てずに定期的に歯科医院でチェックをしてもらって下さい。

万が一スジが長いまま永久歯の生え変わる時期(上の前歯は個人差がありますが、だいたい6歳前後です)を迎えてしまった場合も、お近くの歯科医院さんで相談してください。

場合によってはスジをメスで切ることもあります。

その点については診察される先生により判断基準も違うと思うので、かかりつけの歯科医院さんがある方で心配される方は、ぜひ一度相談してみて下さい。

よければ参考にして下さいね。