子どもの矯正治療開始時期について その2

投稿日:2016年3月30日

カテゴリ:子供の歯と歯ならびのおはなし

昨日のブログの続きです。

お子様の歯並びの相談は当然いろいろなケースがあるのですが、そのうち多い相談の1つとして『前歯の永久歯がはえてきて、その並びがガタガタしてて(重なり合っている)、見た目が気になります』というのがあります。

この相談の答えとしてわだち歯科クリニックとしては「一度早急に診断をさせて下さい」とお答えさせていただいています。

前歯だけの問題であれば早いうち(症状が軽度のうち)に始めて、できるだけ短期間に終えてしまいたいと考えています。

前歯だけの問題なら、『犬歯(前歯から数えて3番目の歯のことです)が乳歯から永久歯に変わってしまう前に治療を始め、そして変わる前に終えてしまう』ことを推奨しています。

犬歯が永久歯に変わってしまった後に前歯の歯並びを治すとなると、もちろん治療は可能ですが、矯正治療の難易度が格段に高くなるケースが多いです。

矯正治療の費用も矯正治療の期間も、犬歯が永久歯に変わる前と後では大きく変わってしまうことが多いです。

乳犬歯があとどのくらいで抜けるかというおおよその目安も、レントゲン写真を撮影すれば判断が可能です。

学校歯科健診で歯並びについてチェックされた方はもちろん、保護者の方から見てお子様の歯並びが気になる方は一度近隣の歯科医院で相談してみて下さいね。