砂糖 ”扶桑町 わだち歯科クリニックはお子様のフッ素塗布も行ってます”

投稿日:2016年3月30日

カテゴリ:子供の歯と歯ならびのおはなし

今回は砂糖のお話を書かせていただきます。

砂糖を摂りすぎると虫歯になりやすい、とは皆様漠然とはご存知だと思います。

お子様の場合、3歳まではできる限り砂糖を取る機会を少なくしたほうが良いと考えています。

3歳のころまでに甘いモノの喜びを覚えてしまうと、将来的にも甘いモノ好きの人間になる傾向が高いです。

ボクの知り合いの歯科衛生士さんの方で、自分の子どもに3歳まで徹底的に砂糖(特にお菓子・ジュース)を与えないようにしていた方もいらっしゃいました。

ちなみにその方のお子様、男の子も女の子もいるのですが、2人とも今でも(2人とも今では中学生になっていると思います)お菓子やジュースにほとんど関心が無いようです。

完全に甘いお菓子やジュースを口にさせない、とするのは非常に難しいと思います。

お母様が気にしていても、おじいちゃんおばあちゃんが与えてしまう、とかママ友の集まりでお菓子を持ち寄るから・・・とか(笑)。

与える場所・与えない場所をしっかり決めておくのもいい方法だと思います。

おじいちゃんおばあちゃんの家やママ友の集まりの時は食べるけど家では与えない、とか週末だけは家族で食べるとか・・・。

食べた後に歯を磨かせるとか、お茶を飲ませるのももちろん効果的です。

砂糖があまり良くないとは分かっていても、皆様それぞれ考え方や家庭環境なども違い、全く与えないとするのは現代ではとても難しいとは思いますが、良ければ是非参考にしてやってくださいね。

(お子様のフッ素塗布は、扶桑町 わだち歯科クリニックへお越しくださいね。)