フッ素と虫歯 (フッ素塗布希望の方は扶桑町 わだち歯科へ)

投稿日:2016年3月30日

カテゴリ:子供の歯と歯ならびのおはなし

今日は『虫歯とフッ素』についてお話します。

お母様方の中には、歯医者でフッ素を塗ってもらっていれば虫歯にならない、と思っている方はいませんか?

残念ながらフッ素を歯に塗ることで歯は強くなり虫歯になりにくくなりますが、絶対に虫歯にならないというわけではありません。

虫歯ができる三大要因として、①歯の質 ②細菌(虫歯菌) ③食べ物(砂糖)があげられます。この3つが重なり合うと虫歯が発症します。そしてさらにここに、時間という要素も加わります。

定期的にフッ素塗布をすれば、歯の質が強くなるのでもちろん虫歯になりにくくなります。

でも、歯磨きをしっかりして虫歯菌や食べかすを取り除くことも重要なのです。

つまり定期的にフッ素を塗ってもらっていても、歯ブラシがいい加減では虫歯になりやすくなります。

あとは、だらだら食べないということも意識してくださいね。

1日のうちに食べ物を口にする頻度が多ければ多いほど、虫歯になりやすい機会も多くなる結果になります。

良ければ参考にしてくださいね。

(大切なお子様の歯やお口の中の健康を守りたい方は、扶桑町 わだち歯科クリニックへ。)