グラグラ乳歯 (小児歯科は、扶桑 わだち歯科クリニックへ)|丹羽郡扶桑町の歯医者・歯科

新型コロナウィルス対策について

キッズコーナー/バリアフリー

駐車場12台/屋根付き駐輪場

名鉄犬山線「扶桑駅」より車で5分

小児矯正

お問い合わせ・ご相談

ママ赤ちゃん子育て教室

スタッフ募集中

050-5210-2184

愛知県丹羽郡扶桑町大字高木 字白山前423番

グラグラ乳歯 (小児歯科は、扶桑 わだち歯科クリニックへ)

投稿日:2016年3月30日

カテゴリ:子供の歯と歯並びのお話

今日は動揺(グラグラしてきている)している乳歯について書かせてください。


グラグラしてきたらすぐ歯科医院で抜かなくてはならない、わけではありません。


またよく下の前歯で起こるのですが、グラグラしてきている乳歯の内側(裏側)から永久歯がでてきた、ということもあります。


これらの場合、乳歯がかなりグラグラで、すぐにでも抜けそうならわざわざ歯科医院で抜歯しなく ても、自然に抜けるのを待っていても良い事も多々あります。


ですが、抜けるまでにまだ時間がかかりそうであったり永久歯の歯並びに悪影響を及ぼす危険がある場合は、早めに抜いた方がいいこともあります。


どちらにせよ、保護者の方が「あれ、変だな・・・」とか、「これって大丈夫かな・・・」と思われた時は、一度歯科医院を受診することをお勧めします。




(お子様の歯の治療、矯正治療は 江南市や犬山市からもアクセス便利な  扶桑 わだち歯科クリニックへ。)


※こちらの記事は9月にブログ『歯のお話』に掲載してあった記事を移動した記事です。

トップへ戻る