お子様の舌、どんな形をしていますか?|丹羽郡扶桑町の歯医者・歯科

新型コロナウィルス対策についてと歯科治療は必要至急?

キッズコーナー/バリアフリー

駐車場12台/屋根付き駐輪場

名鉄犬山線「扶桑駅」より車で5分

小児矯正

お問い合わせ・ご相談

ママ赤ちゃん子育て教室

スタッフ募集中

050-5210-2184

愛知県丹羽郡扶桑町大字高木 字白山前423番

お子様の舌、どんな形をしていますか?

投稿日:2016年3月30日

カテゴリ:院長の独り言

仕上げ磨きをする時に一度意識してお子様の舌の形をチェックしてみて下さい。


細いと思いましたか(縦長ですか?)?


それとも横に長いような気がしますか(横幅が長く感じますか)?


舌の形で、細い形のお子様は水分の取り込みが少ない傾向にあります。


ということは、横に長い(肥大している)舌のお子様は水分を多く摂っているのかもしれません。


水分は多く摂ること自体は悪くはありません。


ただ“何を”摂っているかです。


ジュースばかり飲んでいたら当然虫歯のリスクは高くなりますよね。


舌が肥大しててなおかつ、磨き残しが多かったり虫歯が多い方は、歯科医院で歯科衛生士による掃除やブラッシング指導もしくは虫歯治療だけではダメなことは分かっていただけますよね?


水分量が多いと体も反応している、かつ口の中や体にとって良くないもの(水分)が多いわけなので、日常生活でそこを改善していかないといけない、という舌からのサインなのかもしれませんね。


もちろん舌が肥大していても、口の中に問題は無くお水やお茶が原因であれば大丈夫ですよ。


よければ参考にして下さいね。


※これは成人の方にも当てはまります。

※舌が肥大していたら必ず水分量が多いわけではありません。他にも考えられる理由はあります。それはまた後日書かせていただきます。

トップへ戻る