鉄 その5

投稿日:2016年3月29日

カテゴリ:食と栄養・サプリメントコラム

おはようございます。

ただ今雨が降っています。

今日は交通機関が乱れるかもしれませんね。早めの行動をしましょうね。

今日も鉄について書かせてください。

「終わったと思っていた・・・」とおっしゃらないで下さい。

気まぐれで書いているので、そんなこともあります。

今日で本当に一旦終わりです<(_ _)>

人間は呼吸して吸った酸素でエネルギーを作り出して毎日生活しています。

鉄はその酸素を運ぶトラックの一部となって(ヘモグロビン)、酸素を全身に運んでいます。

また筋肉の中に存在し(ミオグロビン)、血液からの酸素を受け取ったりもしています。

あと、鉄は酵素の一部(チトクローム)としてエネルギーづくりに関係したりもしています。

最後におまけです。

血液はなぜ赤いのでしょうか?

タンパク質とくっついた鉄(ヘモグロビン)が酸素を全身に運んでいるのですが、ヘモグロビンの鉄が酸素と結合したことによって生じる鉄さびの色なんだそうです。

今日はここで終わりますね。

今日はヘモグロビンだとかミオグロビンだとか専門用語が多くなってしまいました。

せっかく読んで下さっているのだから、あまり難しくなりすぎないように気をつけますね。

今日はお出かけする時、外は雨かもしれませんね。

気を付けて、いってらっしゃい。


■ 他の記事を読む■