ビタミンD

投稿日:2016年3月29日

カテゴリ:食と栄養・サプリメントコラム

おはようございます。

今日はビタミンDについて書きますね。

ビタミンDには、カルシウムのバランスを整えたり骨の健康を保つ役割があります。

ビタミンD2からD7まであり、人に重要なのは植物由来のD2と動物由来のD3で、ビタミンD3とD2になるには紫外線が必要です。

他にはカルシウムとリンの吸収促進や骨の形成と成長促進にも関係し、不足すると小児のクル病、骨軟化症、成人の骨粗鬆症などを発症する恐れがあります。

この時期に猛威を振るうインフルエンザの罹患率が、サプリメントのビタミンD摂取することで下がったという報告も多数みられます。

なので、普段は風邪予防でビタミンCのサプリメントを使い、インフルエンザが心配な方は冬だけビタミンDも一緒に摂るのもおススメです。

今日は、ここでおしまいです。

次回はビタミンEの予定です。

それでは皆さん、お互い笑顔の多い一日を過ごしましょうね。


■ 他の記事を読む■