炭水化物・糖質

投稿日:2016年3月29日

カテゴリ:食と栄養・サプリメントコラム

今日は、炭水化物について書いてみたいと思います。

おおざっぱな説明ですが、炭水化物=糖質+食物繊維だと考えて下さい。

なので、米やパン、麺類などが多い方は糖質過多の食生活かもしれません。

糖質は体内ですばやくエネルギーに変わりエネルギーとして利用される反面、すばやく血糖値を上げてしまうという危険な面もあります。

すばやく上げすぎることで、血糖値の乱高下や低血糖症の恐れもあります(※ 低血糖症については後日このブログで記事にさせて下さい)。

糖質や炭水化物を摂りすぎるといろいろな心配な事も他にもいろいろあります。

例えば、余ったものは体内で脂肪として蓄えられます。

なので、ダイエットを考えている方は、摂らないように意識するのは脂質ではなく『糖質』です。ここはご存じない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

あと他には、糖質からエネルギーを作る過程でビタミンB群を必要とするので、体内のビタミン類を消耗してしまうし、そしてビタミンB群が不足すると糖質はエネルギーを効率よく作ることができず疲労物質(乳酸)ができてしまいます。

いろいろな悪循環が生じてきてしまいます。

わだち歯科クリニックとしましては、糖質制限かつタンパク質を中心の食生活を推奨しています(※ この辺りも後日記事にさせて下さい)。

今日はこの辺で・・・。


■ 他の記事を読む■