歯の本数と転倒のリスク ~もっと、シニアライフを満喫したい方へ~|丹羽郡扶桑町の歯医者・歯科

新型コロナウィルス対策についてと歯科治療は必要至急?

キッズコーナー/バリアフリー

駐車場12台/屋根付き駐輪場

名鉄犬山線「扶桑駅」より車で5分

小児矯正

お問い合わせ・ご相談

ママ赤ちゃん子育て教室

スタッフ募集中

050-5210-2184

愛知県丹羽郡扶桑町大字高木 字白山前423番

歯の本数と転倒のリスク ~もっと、シニアライフを満喫したい方へ~

投稿日:2016年3月29日

カテゴリ:大人向けの歯のお話

今日は、最近出たデータを紹介させてください。

 

『65歳以上の方の残存歯数(残っている歯の本数)と転倒リスクについて』

 

65歳以上の方で1年間に2回以上転倒した経験がある方を調査したところ、歯が20本以上残っている方と20本未満の方とでは2.5倍もの差があったそうです。

 

そのデータは、歯が無いことにより噛みあわせの悪化が発生し体のバランスが悪くなっていることが原因ではないか、と結論付けられていました。

 

高齢の方になると転倒がきっかけで寝たきりになることも少なくありません。

 

歯を失ったまま長期間放置していると、口の中だけでなく身体全身に悪影響を及ぼすかもしれません。

 

もちろん今歯がしっかりある方も将来失わないようにするために定期的に歯科医院で歯石取りや歯の健診を受けて下さいね。

 

~もっと、シニアライフを満喫したい方へ~


トップへ戻る