歯肉炎は 分かるの?治るの?

投稿日:2016年3月29日

カテゴリ:大人向けの歯のお話

先日来院者の方から聞かれた質問をもとに今日はブログ更新します。

 

“歯肉炎だとどうやって分かるのですか?”

“歯肉炎は治るのですか?”

 

歯肉(歯ぐき)は正常な状態ではサンゴ礁のようなピンク色をしています。

 

そして引き締まっています。

 

それが歯肉炎になると、赤っぽくなってきたり歯ぐきが腫れてきたりします。

 

当然歯肉炎が重症になったほうが腫れも赤みも目立ってきます。

 

ご自宅で歯肉炎を疑う症状としては、

 

・歯ブラシをすると出血する(これはほぼ間違いなく歯ぐきに炎症がある兆候です)

・冷たいものがしみる(これは他にも原因があることもあり、この症状だけで歯肉炎とは断定できません)

 

上記症状がもし見られる場合は、一度歯科医院を受診してください。

 

 

そして歯肉炎の治療方法を最後に書きますね。

 

歯肉炎の原因は磨き残しです。

 

なので、治療法=磨き残しをしっかり取る、ことが第一優先事項となります。

 

具体的には

 

・ご自宅でのブラッシング(歯科医院でどこが特に磨けていないかとか、ブラッシングのワンポイントアドバイスを受けましょう)

・歯科医院での歯石取り

 

磨き残しだけが歯肉炎の原因ではありません。

 

成人の方の場合は、食事が原因で歯肉炎につながる事もあります。

 

重症な場合は飲み薬を併用することもありますが、まずはブラッシング指導や歯石取りを中心としたクリーニングを受けて下さい。

 

それが基本です。

 

よければ参考にして下さいね。