歯を抜けたまま放置するのは危険です・・・・

投稿日:2016年3月29日

カテゴリ:大人向けの歯のお話

歯を抜けたまま放置しておくと、その周りの歯までグラついてくる可能性があります。

 

歯が抜けると、今までその歯を支えていた骨が溶けて無くなっていきます。

 

その結果周りの骨まで脆弱になっていくからです。

 

さらに隙間があると、その隙間を埋めようとする性質があります。

 

例えば下の奥歯が1本抜けると、隙間を埋めようとその歯と咬みあっていた上の奥歯が伸びてきます。

 

さらに抜けた歯の周り(両隣の歯)もそのスペースを埋めようと斜めに傾いてきます。

 

その結果歯並びが悪くなると、食べ物が詰まりやすくなったり、磨き残しができることで虫歯にもなりやすいだけでなく、さらに歯周病も進みやすくなってしまいます。

 

抜けた歯(抜いた歯の部分)はそのまま放置しないで下さいね。