前歯の差し歯の色について |丹羽郡扶桑町の歯医者・歯科

新型コロナウィルス対策について

キッズコーナー/バリアフリー

駐車場12台/屋根付き駐輪場

名鉄犬山線「扶桑駅」より車で5分

小児矯正

お問い合わせ・ご相談

ママ赤ちゃん子育て教室

スタッフ募集中

050-5210-2184

愛知県丹羽郡扶桑町大字高木 字白山前423番

前歯の差し歯の色について 

投稿日:2016年3月29日

カテゴリ:大人向けの歯のお話

昨日のとある夜のテレビ番組で、ゲストとして出ていた女性歯科医師の先生がこんな事をおっしゃっていました。


「保険の差し歯は色が1~2種類しかない。だからきれいなものを入れたければ自費になる」


・・・・・・・・・・・・・・、


言葉が出ません。


さらにこんなことまでおっしゃっていました。


「自費治療を勧めたいから、あえて保険の差し歯は黄色っぽいものを入れる歯科医院もある」


・・・・・・・・・・・・・、


同業者としてテレビでそんな発言をする人がいるという事が恥ずかしく、そして情けなくてなりません。


実際そんなことをしている歯科医院さん、そんなことを口にする友達を今まで見たことも聞いたこともありません。


当然保険の差し歯の色も何種類か選択肢があり、その中から患者様に一番合うものを相談して決めています。


保険治療を希望される方、保険外治療を希望される方もちろんいらっしゃいます。


でも、その方にできる限りのことを治療として提供するのが、歯科医師免許を持つ人間として当然のことではないでしょうか。




そしてそのテレビで、最後こう終わっていました。


「歯は大切です。定期的に予防のために歯科医院へ行きましょう」


そう発言されたのが、先ほど自費治療のことをおっしゃっていた女性歯科医師の先生ではなく、同じゲストとして参加していた医師の先生でした。


・・・・・・・・・・・・・、


歯科医師が言わなくちゃ・・・・・・・・・。


でも考えを変えると、もっと自分自身が情報発信をしていく必要があると痛感もさせられました。


やれることはまだまだたくさんあります。


※今回の記事は、『院長ブログ』と『歯のお話』の2つのブログページに掲載させていただいています。


トップへ戻る