入れ歯安定剤 

投稿日:2018年8月18日

カテゴリ:大人向けの歯のお話

今日は、入れ歯安定剤について、です。

 

「入れ歯安定剤は使ったほうがいいの??」

 

 

時々ですがテレビのコマーシャルで入れ歯安定剤の商品が紹介されているのを目にします。

 

何度も見ると「使ったほうがいいのかしら?」と思うのも無理はないと思います。

 

入れ歯安定剤は安定の悪い(カタカタする、すぐ外れる、食べ物が食事のたびに詰まるなど)入れ歯を、患者さんご自身で改善させるための市販の医薬部外品です。

 

なので、入れ歯が問題なく伝えているのなら(適合の問題が別段無い入れ歯であれば)使用する必要はありません。

 

使用するなら、歯科医師の定期的管理下での使用が望ましいと思います。

 

入れ歯安定剤は、適合のよくない入れ歯の維持や安定感をを増す効果がある反面、安易に長期間使用すると細菌を繁殖させたり、噛み合わせを変化させてしまうなどの心配もあります。

 

長期間頼りすぎるのは好ましくありません。

 

入れ歯安定剤は補助的なものだとお考えください。

 

入れ歯の調子が悪いようでしたら、できれば近隣の歯科医院で診てもらうことを推奨します。

 

もちろん長期間入れ歯安定剤を使わなくては使用できない入れ歯も、調子の悪い入れ歯に含まれます。

 

 

歯科医院専用の入れ歯安定剤

 

歯科医院には、歯科医院専用の入れ歯安定剤のようなものもあります。

 

もちろん市販のテレビコマーシャルで紹介されているようなものより吸着力もありますし、長持ちもします。

 

質の良いものです。

 

なので、「入れ歯がすぐ落ちてくる」「入れ歯の中に食べ物がすぐ入って痛い」などの症状がある方は一度歯科医院で相談してみてはいかがでしょうか。

 

そういうものを用いることで、現時点の不快症状が無くなるかもしれません。

 

ですがその処置にも限界もあるので、必ず無くなるわけではありません。

 

改善が無い時は入れ歯を新しくした方が良いです。

 

良ければ参考にしてくださいね。

 

今日は、この辺で。。。