痛みの少ない親知らずの抜歯|丹羽郡扶桑町の歯医者・歯科

キッズコーナー/バリアフリー

駐車場12台/屋根付き駐輪場

名鉄犬山線「扶桑駅」より車で5分

小児矯正

お問い合わせ・ご相談

ママ赤ちゃん子育て教室

スタッフ募集中

050-5210-2184

愛知県丹羽郡扶桑町大字高木 字白山前423番

痛みの少ない親知らずの抜歯

わだち歯科クリニックでは親知らずの適切な診断を心がけています

親知らずの診断

わだち歯科クリニックでは親知らずの状態や症状を見極め、保存・抜歯の適切な診断を心がけております。保存が出来ないとなった場合にも、痛みを抑えたスムーズな抜歯に努め、抜歯後の負担の緩和に努めております。

現在、親知らずに違和感や痛みを感じておられる方はぜひ、一度当院にて親知らずの診断をお受け下さい。こちらでは、抜歯が必要な親知らずの状態をはじめ、抜歯時や抜歯後の痛みなど患者様から聞かれる事が多い項目について、ご説明致します。

親知らずは「抜いたほうがいい?」「抜かなくていい?」

親知らず

親知らずは、大人になった頃に生えてくるので、「必要な歯なの?」と疑問を感じる方が多くいらっしゃいます。確かに、親知らずが他の歯を押して歯並びが悪くなる、磨きにくくて虫歯になってしまったというトラブルが起こるのも事実です。しかし、すべてのケースで親知らずを急いで抜く必要はありません。むしろ、悪さをしていないのであれば残しておいたほうが良い場合もあるのです。

こんなとき、親知らずは抜いたほうが良い

親知らずが少しだけ出ており、それ以上生えてこない

親知らずの生え方が斜めだったり横に倒れていたりすると、虫歯や歯周病の原因になる可能性が高くなります。

親知らずが手前の歯を押しており、歯並びが悪くなっている

横向きに生えている親知らずを放置していると、隣の歯を押して歯並びが悪くなることがあります。

親知らず周辺に嚢胞(のうほう)ができている

レントゲンを撮ると、歯ぐきの中にある親知らず周辺に袋状の影が見える場合があります。これは嚢胞と呼ばれるもので、放置しているとトラブルを引き起こします。

親知らずのかみ合わせが悪く、歯ぐきや頬の粘膜を傷つけている

上下の親知らずが噛み合っていないと、どんどんと伸びてしまいます。すると、歯ぐきや頬の粘膜を噛みやすくなり、痛みを引き起こす原因になります。顎関節症にもつながるので抜歯をすすめられます。

親知らずがすでに虫歯や歯周病になっている

奥歯のさらに奥に生える親知らずは、歯磨きをしにくいので虫歯や歯周病になりやすい歯です。たとえ正常に生えていたとしても、虫歯や歯周病になっている場合は抜いたほうが良いでしょう。

親知らずを抜くと痛いの?

親知らずを抜くのはとても痛いというイメージを持たれる方が多いようです。しかし、抜歯する際は他の歯と同じく麻酔を使うので痛みを感じることはほとんどありません。親知らずの抜歯で痛くなるのは、麻酔が切れてからです。傷口なので痛みがでるのは仕方のないことですが、処方される痛み止めを飲んでいただくと術後の痛みも抑えることができます。

当院では、できるだけ負担の少ない親知らずの抜歯のために、麻酔注射の痛みの緩和にもこだわっております。

麻酔注射の緩和について>>

抜歯後の痛みは抜歯にかかる時間に比例する!?

時間と痛みの関係性親知らずを抜歯するときにどれくらい時間がかかったかは、術後の痛みに比例するといわれています。つまり、親知らずが複雑に生えていた場合、術後の痛みが強く出る可能性があるということです。

そのため当院では、事前の検査やシミュレーションをしっかり行い、スムーズかつ的確な抜歯を心がけ、痛みや負担の軽減に努めております。

当院では難抜歯となる親知らずの場合に、江南厚生病院やさくら病院の口腔外科をご紹介しております。実績豊富な熟練の医師が適切な診断を実施、丁寧かつ正確な抜歯を行いますので、どうぞご安心下さい。

抜歯後の痛みを引き起こすドライソケット

ドライソケット親知らずを抜いた部分にはぽっかりと穴が空きますが、血餅と呼ばれる血の塊が形成され、細菌の感染や痛みから患部を保護してくれます。しかし、何らかの原因で、その血餅剥がれてしまうと、強い痛みがでることがあります。これがドライソケットという状態です。

ドライソケットを放置していると痛みが長時間続きます。抜歯後は患部が落ち着くまで、何度もうがいをしない、食事の仕方を工夫する、患部を吸わないなど、ドライソケットにならないよう心掛けましょう。

江南市・犬山市で親知らずの診察・治療なら当院にお任せ下さい

親知らずの診察・治療

江南市・犬山市で親知らずの診断や治療をご希望の方は、わだち歯科クリニックにお任せください。親知らずは必ずしも抜歯しなければならない歯ではありません。しっかりと現在の症状を見極め、保存か抜歯かの適切な診断を致します。また、抜歯となった場合においても、できるだけ痛みや負担の少ない処置をご提供致しますので、ぜひお気軽にご相談下さい。

トップへ戻る