痛くない親知らず抜歯

親知らずは「抜いたほうがいい?」「抜かなくていい?」

親知らず抜歯

親知らずは、大人になった頃に生えてくるので、「必要な歯なの?」と疑問を感じる方が多くいらっしゃいます。確かに、親知らずが他の歯を押して歯並びが悪くなる、磨きにくくて虫歯になってしまったというトラブルが起こるのも事実です。

しかし、すべてのケースで親知らずを急いで抜く必要はありません。むしろ、悪さをしていないのであれば残しておいたほうが良い場合もあるのです。

こんなとき、親知らずは抜いたほうが良い

親知らず抜歯

①親知らずが少しだけ出ており、それ以上生えてこない

親知らずの生え方が斜めだったり横に倒れていたりすると、虫歯や歯周病の原因になる可能性が高くなります。

②親知らずが手前の歯を押しており、歯並びが悪くなっている

横向きに生えている親知らずを放置していると、隣の歯を押して歯並びが悪くなることがあります。

③親知らず周辺に嚢胞(のうほう)ができている

レントゲンを撮ると、歯ぐきの中にある親知らず周辺に袋状の影が見える場合があります。これは嚢胞と呼ばれるもので、放置しているとトラブルを引き起こします。

④親知らずのかみ合わせが悪く、歯ぐきや頬の粘膜を傷つけている

上下の親知らずが噛み合っていないと、どんどんと伸びてしまいます。すると、歯ぐきや頬の粘膜を噛みやすくなり痛みを引き起こす原因になります。顎関節症にもつながるので抜歯がすすめられます。

⑤親知らずがすでに虫歯や歯周病になっている

奥歯のさらに奥に生える親知らずは、歯磨きをしにくいので虫歯や歯周病になりやすい歯です。たとえ正常に生えていたとしても、虫歯や歯周病になっている場合は抜いたほうが良いでしょう。

親知らずは再利用できる歯です!(親知らずの移植)

親知らずの移植

問題のない親知らずを残しておくと、次のようなメリットがあります。

  • 別の歯が悪くなって抜歯する際に、親知らずを移植できる場合がある。
  • 隣の歯を抜歯する際に、親知らずを使ってブリッジ治療ができる。
  • 手前の歯を抜歯したときに、矯正治療で親知らずを手前に移動することができる。

親知らずは、きちんと噛み合っていれば、他の歯と同じように使うことができます。

親知らずを抜くと痛いの?

親知らずと痛み

親知らずを抜くのはとても痛いというイメージを持たれる方が多いようです。しかし、抜歯する際は他の歯と同じく麻酔を使うので痛みを感じることはほとんどありません。当院では、麻酔注射の痛みを感じさせない方法を使っているのでご安心ください。

親知らずの抜歯で痛くなるのは、麻酔が切れてからです。傷口なので痛みがでるのは仕方のないことですが、処方される痛み止めを飲んでいただくと術後の痛みも抑えることができます。

抜歯後の痛みは抜歯にかかる時間に比例する!?

親知らず親知らずを抜歯するときにどれくらい時間がかかったかは、術後の痛みに比例するといわれています。つまり、親知らずが複雑に生えていた場合、術後の痛みが強く出る可能性があるということです。

当院では、親知らずの抜歯を数多くこなしている熟練の歯科医師が正確な画像診断をもとに抜歯しているので、難しい症例でもできるだけ短い時間で抜歯することができます。

抜歯後の痛みを引き起こすドライソケット

親知らず親知らずを抜いた部分にはぽっかりと穴が空いていますが、そこには血が溜まってフタの役割をしています。

しかし、何らかの原因で血のフタが剥がれてしまうと、強い痛みがでることがあります。これがドライソケットという状態です。

ドライソケットを放置していると痛みが長時間続きます。強くうがいしない、食事の仕方を工夫するなど、ドライソケットを予防する方法があるので、抜歯時に説明いたします。

親知らずの抜歯には小顔効果があるのか?

親知らずと小顔

親知らずを抜歯することによって小顔にする方法があるようです。実は、この考え方は決して間違いではありません。その理由を取り上げましょう。

①親知らず周囲の骨が痩せる

下の親知らずを抜歯する場合、エラに近い部分なので、抜歯後に骨が吸収されてエラ部分が少し細くなる可能性があります。

②アゴの筋肉が痩せてくる

しっかり噛み込んでいる親知らずを抜歯した場合、これまで使っていた筋肉が使われなくなることでやせてきます。さらに、親知らずが手前の歯を押していた場合、歯並びが悪くなったり違和感があったりといった原因で無意識に食いしばっている可能性があります。そうした原因が解消されることで、結果的に過剰な筋肉の発達が抑えられることがあります。

江南市・犬山市で親知らずの診察・治療なら当院にお任せ下さい

親知らずの診察・治療

江南市・犬山市で親知らずの抜歯や診察をご希望の方は、わだち歯科クリニックにお任せください。親知らずは必ずしも抜歯しなければならない歯ではありません。もし、抜歯となる場合でも、できるだけ痛みを抑え、将来の移植なども視野に入れた最良の親知らず治療の選択肢をご提案させていただきます。