矯正歯科・小児矯正

このページの目次

大人と子どもの矯正治療 無料相談受付中(セカンドオピニオン)

矯正無料相談受付中

矯正歯科は、虫歯や歯周病を診る一般歯科とは別の診療科目なので、当院では矯正の専門医が治療にあたっています。実際に治療を行う歯科医師が、子どもから大人に至るまで、矯正治療に関することなら何でも無料で相談に応じています。お気軽にご相談ください。

抜歯をしないための、1次矯正の大切さ

非抜歯小児矯正大人になって矯正治療(永久歯の矯正は2次矯正と呼ぶ)をすると、抜歯を余儀なくされるケースが多くあります。

小さなアゴの中にキレイにならべるには歯が多すぎることが原因ですが、小児矯正(1次矯正)は、アゴの骨の大きさを適切な大きさまで誘導することで、歯の並ぶスペースを確保し、歯が自然に並ぶようにするので抜歯をするケースはほとんどありません。

大切な歯ですから、できるだけ抜歯は避けたいところです。そのために1次矯正である小児矯正でアゴの発育を促し、歯がしっかり収まるスペースを確保することが必要です。

0次矯正という考え方

小児矯正によってアゴの発育を促すのが1次矯正ですが、実は、適切な食事、噛む回数、姿勢などによってアゴの発育を正常にするという考え方があります。わざわざ矯正治療せずとも、小さい時からの習慣を正すことで、矯正治療が必要とならない可能性が高くなります。これを0次矯正と呼びますが、当院では、0次矯正の観点から、食事や姿勢などについてもアドバイスを行なっております。

sample

矯正治療で治せる不整歯列の種類

歯の矯正が必要な歯並び

矯正治療を行うということは、歯並びに何らかの異常があるということです。ここでは、矯正治療が必要になる歯列不正をご紹介します。

  • 出っ歯(上顎前突)

    上顎前突日本人にはとてもなじみ深い歯列不正です。上の前歯が前方に突き出しています。日本人に多い歯列不正で、顔の印象が大きく変わります。

  • 開咬(かいこう)

    開咬奥歯で噛んだとき、前歯が噛み合わず隙間ができてしまいます。日常生活の中で前歯が噛み合うことがありません。

  • 受け口(下あごが出ている)

    受け口出っ歯とは正反対の歯列不正で、あごが大きく突き出た感じになります。上の歯が削れる場合があるので注意が必要です。

  • 叢生(らんぐい歯)

    叢生「らんぐい」とも呼ばれる歯列不正で、歯ならび全体が乱れています。上手く噛み合っていないので、口内環境全体に悪影響を与えます。

  • すきっ歯(空隙歯列)

    空隙歯列「すきっ歯」とも呼ばれる状態です。歯と歯ぐきの間に隙間があり、食べ物が詰まりやすかったり発音が悪かったりします。

  • 深い咬み合せ(過蓋咬合)

    過蓋咬合上の歯と下の歯が、深く噛み合っている状態をさします。咬合が深すぎることによって、余分に歯が削れるおそれがあります。

小児矯正(子供の歯並び矯正)は何歳から始めるべき?

小児矯正

当院では5~8歳(遅くても10歳くらい)で矯正治療を開始することを推奨しています。低年齢でかつ混合歯列期(乳歯と永久歯がごちゃまぜの時期)に矯正治療を開始すると矯正治療の難易度がそれほど高くないことが多く、お子様に対しての負担も矯正治療料金も抑えられるからです。そしてその時期に当院で最もよく用いる矯正装置は『マウスピース』と『床矯正装置』です。

当院がの2種類の矯正治療方法 ①マウスピース矯正 ②床矯正

①マウスピース矯正とは?

T4K金属を一切使わず、シリコン由来のやわらかいマウスピースを装着していただきます。

舌の位置を適切な位置に誘導することで、舌の圧力を利用して顎骨を適切な位置、大きさへと導くことが目的となります。

痛みはまったくありません。基本的に日中に1~2時間程度と就寝時に装着してもらいます。

②床矯正装置(しょうきょうせい)とは?

床矯正装置床矯正装置は入れ歯のようなお子様ご自身で取り外しができる装置です。これをご家庭で保護者の方にネジを回してもらいアゴの骨を拡大していきます(拡大方法はとても簡単で、拡大時の痛みもほとんどありません)。取り外せる=子供のやる気が重要です。

違和感も少なく、拡大力もものすごく強くは無いので、痛みもほとんど無く快適に矯正治療が進められることがほとんどです。

これを1日1~2時間程度と就寝時に装着してもらいます。装着1つで完結ではなく進行に合わせて装置の大きさを変更することがあります。

床矯正治療で注意していただきたい大切なこと

床矯正治療の注意点

床矯正治療を始めるタイミング

矯正治療を始めるタイミングによって用いる装置の個数が変わってくることが多々あります。当然装置の個数が増えれば増えるほど費用もかかります。だからこそ「この歯並び大丈夫?」「この部分の歯並びが気になるんだけど」といった、ほんの些細なことでも遠慮せず質問してください。

それが大切なお子様のためになっていきます。理想のタイミングは、3番目の乳歯(乳犬歯)が乳歯のうちに床矯正治療を始め、3番目が永久歯になった時には終わらせる、のがベストだと当院では考えています。

床矯正装置の数

矯正治療の分析によって大まかな必要となりそうな個数のご説明はできますが、「〇〇個で治せます」とは断言はできません。お子様本人の協力度・やる気によって結果が変わってくるからです。逆に言えばものすごく頑張ってくれれば分析結果より少ない個数で治ることだってあり得ます。

床矯正治療の主役は装置ではありません

床矯正装置は矯正治療の際の補助的なものと考えて下さい。「とりあえず入れてれば治る」というわけではありませんし、そのような考えは絶対にやめて下さい。

床矯正治療の主役は『お子様ご自身』、矯正装置もお子様の保護者の方々も、そして我々歯科医療従事者も『支援者(サポーター)』です。ワイヤー矯正(針金を用いた矯正のことです)より圧倒的に費用が安いから、という理由だけで床矯正治療を考えるのはおやめください。

他の矯正装置や矯正治療との併用もあり得ます

床矯正治療をはじめほとんどの矯正治療は、装置によるメカニカルな(装置の力に頼る)治療だけでなく、口の周りの筋機能の発育を促す治療も重要視しています(バイオロジカルな治療と言われています)。

口の周りの機能を発育させるために、当院ではMFT(口腔筋機能療法)やMRC(予防型早期矯正治療)の考えも取り入れ、毎日のトレーニング(呼吸や嚥下、姿勢改善のトレーニング)を当院で説明して、ご自宅で行っていただくこともあります(1日5~10分程度のものです)。

痛みの少ない小児矯正が受診できます

痛みの少ない小児矯正

子供の矯正は大人の矯正に比べて、歯を動かすというよりは、顎の骨の成長を適切に誘導するという行為ですので、比較的痛みや違和感が少ない矯正治療が可能です。また小児矯正の中でも一般的な床矯正と呼ばれるものから、T4K、プレオルソといったより効果的な小児矯正法が受診できます。

  • プレオルソ

    プレオルソ6歳から10歳児が対象で、シリコン由来のやわらかい素材で作られたマウスピース型の取外し可能な矯正装置です。臭いや違和感も少なく、従来のメタルの矯正装置に比べて子供が嫌がることも少ないです。

  • マイオブレイス・T4K

    T4Kプレオルソ同様に、6歳から10歳児が対象の矯正装置で、顎の骨が柔らかく成長中のアゴの骨の健全な発育を促し、抜歯をせずに歯を並べることのできる矯正装置です。

わだち歯科クリニック矯正治療の流れ

  • ①歯並び相談(無料です)

    セカンドオピニオンお子様の健診やフッ素塗布の際に相談していただくか、もしくは歯並びについて心配な方はお電話ください。歯並びで気になっているところや心配しているところがあれば、どんな些細なことでも結構なので遠慮せずできるだけ聞いてください。簡単なご説明やアドバイスは無料でさせていただいています。

  • ②検査 & 分析結果説明(後日)

    検査 & 分析結果説明本格的に矯正治療を検討することを希望された場合は、レントゲン写真と歯型など資料をとり、それらをもとに分析。後日、分析結果として現時点で考えられる矯正治療方法をご説明します(用いる装置及び期間やかかる費用など)。分析結果は用紙としてもお渡ししますので、自宅でご家族で話し合ってください。

  • ③矯正治療開始

    矯正治療治療開始となりますと、装置によっては歯型からお子様に合った矯正装置作成を行います。歯型採取後、装置により異なりますが、7~10日で装置が完成します。装置お渡し日に矯正装置の費用が発生します。

  • ④矯正装置の確認・調整

    矯正装置の確認矯正装置が入った後は基本的に1カ月に1度、矯正装置の確認及び調整で来院していただく必要があります。調整料は装置ごとに、もしくは調整の程度で異なってきます(詳しくは料金表をご覧ください。

小児矯正(子どもの歯列矯正)をお考えの親御さんへメッセージ

子供の歯列矯正「歯並びを良くしたい!」とお子さんの方から言い出すことはあまりないかもしれません。しかし、歯列矯正は、大人になってから「やっていてよかった」と気づくことができる治療です。

歯並びが美しいことがどれだけメリットになるかを実感したとき、子どもの頃に矯正治療を受けさせてくれた親御さんに心から感謝したいと思うに違いありません。

こうして考えると、歯列矯正は親が子どもにしてあげられる素晴らしい贈り物ということができるのではないでしょうか。

小児矯正Q&A

小児矯正をしたいのですが、いつ頃から始めればよいでしょうか?

お子さま一人一人で矯正治療開始にふさわしいタイミングは違います。歯並びの状態、身体の発育状況も一人一人異なるので、〇〇歳になったら~~ とかのルールはありません。『保護者の方や本人が、これって大丈夫?』『変じゃない?心配だな……』と感じた時が、矯正治療の相談時期としてはふさわしいと思います。気になった時は早めに、そしてお気軽に質問してください。

子どもの矯正相談で有料と無料ところがあるみたいですが?

矯正治療については保険外となりますので、歯科医院ごとに料金は異なると思います。当院では簡単な歯並びの相談やアドバイスは無料で行っています。その話を聞いて、もう少し詳しく聞きたい方や矯正を当院で行う場合、どのくらいの費用・期間がかかるかを知りたい方には矯正診断をさせていただきます。診断料は12,000円(税別)となっています。診断結果をお話させていただき、矯正治療をしていくかどうかをご家庭で話し合って判断してもらっています。

矯正治療は痛いのですか?

矯正装置を入れた場合は、慣れるまでは痛みが出ることもあります。装置によって歯に力が加わり動かしていくわけで、仕方のないところはあると思います。ですがほとんどの場合は2~3日、長くても1~2週間で慣れていきます。

口呼吸が歯並びに良くないと聞きました・・・

口呼吸が歯並びに悪影響を及ぼすというのは事実です。口呼吸によって前歯が前方に出てきてしまいます(つまり出っ歯になりやすくなります)。心配な方は一度歯科医院でご相談ください。

子どもの指しゃぶりは歯並びに影響がありますか?

大いにあります。3歳までは様子を見ていもいい事が多いですが、それ以降はできるだけ早い時期に指しゃぶりが無くなったほうがいいです。あまり長期間指しゃぶりをしていると、上の前歯が前に出てきてしまったり(上顎前突 出っ歯)開咬になる可能性も出てきます。

なかなか指しゃぶりをやめません・・・

3歳くらいまでにやめることができれば問題は無いと言われています。それ以降も継続してしまうと場合によっては歯並びに問題が出てしまうこともありますので心配な方は歯科医院で相談をして下さい。指しゃぶりなどは「悪習癖」と呼ばれるものでお子さまの意志だけではどうすることもできないことがほとんどです。ご両親を含めた協力が非常に大切になってきます。

下唇を吸う癖があるのですが、止めさせた方がいいですか?歯並びに影響しますか?

年齢的に小さいお子様は下唇を吸ったり指しゃぶりをしたりと様々な癖が見られます。下唇を吸う癖を長期間続けると、舌の前歯が内側に倒れてくる可能性は高くなります。しかし指しゃぶりなどの癖は、それをすることで心理的に安心することもあり、何でも無理にやめさせればよいものではないと思っています。かえって強引にやめさせるようにすることで心理的ストレスにつながる事もありますので、3歳くらいまででは経過を見ます。永久歯がでてきて歯並びに影響が出てる場合は矯正装置を入れて直していくことも考えます。

乳歯の歯並びで受け口の場合は、永久歯でも受け口になるのですか?

乳歯で受け口でも永久歯が出てきた時に自然に改善していることもありますが、可能性としてはそれほど高くないと言われています。心配な場合は、早い段階で歯科医院を受診して相談してください。

大人矯正も小児矯正も抜かないで床矯正治療を行う「SH療法」

SH療法

SH療法とは、特殊なスプリングを組み込んだ取り外し式の装置を用いて、アゴの骨を拡大しながら矯正治療を行う方法で、一般的な矯正治療より、矯正装置装着時間が短く、取り外すこともでき、抜歯になることや、痛みが少ないというとても有意義な矯正治療法です。一般的な床矯正より拡大する力が強いので、大人や永久歯が生えそろってしまった児童にも有効な床矯正です。

SH療法(SH矯正)のメリットまとめ

  • 矯正装着時間が短く済む

    矯正装着時間が短く済むドイツや日本で特許を取得したSlideX(スライデックスと呼びます)という拡大ネジを用いることで従来の床矯正(拡大床)より矯正力が強く、装置を入れている時間も拡大床より短く済みます。

  • 矯正で抜歯が必要になることが少ない

    非抜歯矯正一般的なワイヤー矯正は永久歯を抜歯し、その結果できたスペースを利用して歯を動かすことが多いですが、SH療法は顎を拡大することでできたスペースを使って歯を動かすので、結果、抜歯が少ないです。

  • 取り外し式の矯正装置

    取り外し式の矯正装置基本は1日8~10時間就寝時に装着します。装置を外して歯磨きもできるので、虫歯や歯周病にもなりにくいだけでなく、人に気づかれずに矯正が可能です。

  • 痛みが少ない

    痛みが少ない矯正SlideXは、形状記憶合金でできたバネを使用することで、従来のスクリューを用いた矯正装置でのアゴの拡大より痛みが少ないと言われています。

SH療法を受診できる歯科医院は少ない

SHTA(来院者の健康をトータルからサポートすることを理念に掲げ、今後の歯科医療から口腔医療への転換、つまり疾病対策から健康サポートに力を入れている研究会)に所属し、かつ特定の研修を受けた歯科医師のみがSH装置を用いた矯正治療を提供できます。

sample

透明なマウスピース矯正対応!

マウスピース矯正当院では、透明なマウスピースを装着することで歯列矯正を行うマウスピース矯正を行なっております。

銀色のワイヤーを取り付ける一般的な矯正法に比べて透明で目立たず、マウスピースですから食事時や歯みがき時をはじめ、いつでも取外しができるので大変好評です。

ただし適応症例が限られますので、一度無料相談にお越しください。

アゴの骨を健全な状態に拡大することで改善が期待できる症状

小児矯正改善

歯並びの改善で虫歯や歯周病を予防できるようになりますが、狭いアゴに対応することで、下記のような症状が改善されたという報告があります。

  • 虫歯・歯周病
  • 顎関節症、歯ぎしり、食いしばり
  • 睡眠時無呼吸症候群、いびき、口呼吸
  • 鼻づまり、鼻炎、鼻中隔湾曲症、副鼻腔炎
  • 頭痛、首や肩こり、腰などの痛み
  • 発音障害、口臭
  • 歯並びが悪いための心理的影響 etc…

成人矯正(大人の矯正)を検討中の方へメッセージ

大人の歯列矯正大人になってから矯正治療を行うとなると、できるだけ短時間で、目立たないようにしたいと希望される方が多いです。

当院では、こうした患者さまのご希望に応えられるよう、最新の矯正治療も導入しています。

患者さまの普段の生活を考慮して、適切な治療方法を提案させていただきます。

矯正治療費表

名称 イメージ 特性 料金(税別)
診断料 精密検査/診断費

レントゲンや模型などの資料を取り、診断をして、診断結果を患者さまにお話しするまでにかかる費用です。

12,000円
(2回目以降は9,000円)
小児矯正 小児矯正

乳歯と永久歯が混在している時期に行う治療です。かみ合わせやあごの形、大きさを整え、永久歯がきちんと生えそろように誘導する治療です。

45,000円~
成人矯正 成人矯正

歯にブラケットを貼り付けて歯を動かす方法です。一般的な大人の成人の矯正治療です。

治療内容により異なりますのでご相談下さい。
目立たない装置 目立たない装置

金属ではなく、単結晶サファイア素材でできた透明の装置ですので目立ちません。

治療内容により異なりますのでご相談下さい。
部分矯正 部分矯正(MTM)

補綴(被せ物)を入れる前に1歯から数歯の部分的な矯正を行います。

治療内容により異なりますのでご相談下さい。
矯正期間中の調整費 矯正期間中の調整費

矯正装置の調整に毎月ご来院いただきます。

500円~5,000円 /月

使用する装置により異なります。

※抜歯が必要な場合、抜歯料金は別途頂戴いたします。

江南市・犬山市で矯正歯科をお探しの方はぜひ当院へ

江南市・犬山市で矯正歯科をお探しの方はぜひ当院へ

江南市・犬山市で歯並びに悩みを持っておられる方は、ぜひ江南市・犬山市駅徒歩4分の当院までご相談下さい。矯正専門のドクターが無料で相談を承っています。治療費、治療期間、治療や装置の選択肢、痛みなど、不安なことはなんでも相談できますので、ぜひお気軽に活用してください。スタッフ一同、心よりお待ちしております。