矯正歯科・小児矯正

このページの目次

当院が行っているその他の矯正治療 ~床矯正(拡大床)治療~

床矯正装置床矯正装置は入れ歯のようなお子様ご自身で取り外しができる装置です。これをご家庭で保護者の方にネジを回してもらいアゴの骨を拡大していきます(拡大方法はとても簡単で、拡大時の痛みもほとんどありません)。取り外せる=子供のやる気が重要です。

違和感も少なく、拡大力もものすごく強くは無いので、痛みもほとんど無く快適に矯正治療が進められることがほとんどです。

これを1日1~2時間程度と就寝時に装着してもらいます。装着1つで完結ではなく進行に合わせて装置の大きさを変更することがあります。

床矯正治療で注意していただきたい大切なこと

床矯正治療の注意点

床矯正治療を始めるタイミング

矯正治療を始めるタイミングによって用いる装置の個数が変わってくることが多々あります。当然装置の個数が増えれば増えるほど費用もかかります。だからこそ「この歯並び大丈夫?」「この部分の歯並びが気になるんだけど」といった、ほんの些細なことでも遠慮せず質問してください。

それが大切なお子様のためになっていきます。理想のタイミングは、3番目の乳歯(乳犬歯)が乳歯のうちに床矯正治療を始め、3番目が永久歯になった時には終わらせる、のがベストだと当院では考えています。

床矯正装置の数

矯正治療の分析によって大まかな必要となりそうな個数のご説明はできますが、「〇〇個で治せます」とは断言はできません。お子様本人の協力度・やる気によって結果が変わってくるからです。逆に言えばものすごく頑張ってくれれば分析結果より少ない個数で治ることだってあり得ます。

床矯正治療の主役は装置ではありません

床矯正装置は矯正治療の際の補助的なものと考えて下さい。「とりあえず入れてれば治る」というわけではありませんし、そのような考えは絶対にやめて下さい。

床矯正治療の主役は『お子様ご自身』、矯正装置もお子様の保護者の方々も、そして我々歯科医療従事者も『支援者(サポーター)』です。ワイヤー矯正(針金を用いた矯正のことです)より圧倒的に費用が安いから、という理由だけで床矯正治療を考えるのはおやめください。

他の矯正装置や矯正治療との併用もあり得ます

床矯正治療をはじめほとんどの矯正治療は、装置によるメカニカルな(装置の力に頼る)治療だけでなく、口の周りの筋機能の発育を促す治療も重要視しています(バイオロジカルな治療と言われています)。

口の周りの機能を発育させるために、当院ではMFT(口腔筋機能療法)やMRC(予防型早期矯正治療)の考えも取り入れ、毎日のトレーニング(呼吸や嚥下、姿勢改善のトレーニング)を当院で説明して、ご自宅で行っていただくこともあります(1日5~10分程度のものです)。

小児矯正(子どもの歯列矯正)をお考えの親御さんへメッセージ

子供の歯列矯正「歯並びを良くしたい!」とお子さんの方から言い出すことはあまりないかもしれません。しかし、歯列矯正は、大人になってから「やっていてよかった」と気づくことができる治療です。

歯並びが美しいことがどれだけメリットになるかを実感したとき、子どもの頃に矯正治療を受けさせてくれた親御さんに心から感謝したいと思うに違いありません。

こうして考えると、歯列矯正は親が子どもにしてあげられる素晴らしい贈り物ということができるのではないでしょうか。

小児矯正Q&A

小児矯正をしたいのですが、いつ頃から始めればよいでしょうか?

お子さま一人一人で矯正治療開始にふさわしいタイミングは違います。歯並びの状態、身体の発育状況も一人一人異なるので、〇〇歳になったら~~ とかのルールはありません。『保護者の方や本人が、これって大丈夫?』『変じゃない?心配だな……』と感じた時が、矯正治療の相談時期としてはふさわしいと思います。気になった時は早めに、そしてお気軽に質問してください。

子どもの矯正相談で有料と無料ところがあるみたいですが?

矯正治療については保険外となりますので、歯科医院ごとに料金は異なると思います。当院では簡単な歯並びの相談やアドバイスは無料で行っています。その話を聞いて、もう少し詳しく聞きたい方や矯正を当院で行う場合、どのくらいの費用・期間がかかるかを知りたい方には矯正診断をさせていただきます。診断料は12,000円(税別)となっています。診断結果をお話させていただき、矯正治療をしていくかどうかをご家庭で話し合って判断してもらっています。

矯正治療は痛いのですか?

矯正装置を入れた場合は、慣れるまでは痛みが出ることもあります。装置によって歯に力が加わり動かしていくわけで、仕方のないところはあると思います。ですがほとんどの場合は2~3日、長くても1~2週間で慣れていきます。

口呼吸が歯並びに良くないと聞きました・・・

口呼吸が歯並びに悪影響を及ぼすというのは事実です。口呼吸によって前歯が前方に出てきてしまいます(つまり出っ歯になりやすくなります)。心配な方は一度歯科医院でご相談ください。

子どもの指しゃぶりは歯並びに影響がありますか?

大いにあります。3歳までは様子を見ていもいい事が多いですが、それ以降はできるだけ早い時期に指しゃぶりが無くなったほうがいいです。あまり長期間指しゃぶりをしていると、上の前歯が前に出てきてしまったり(上顎前突 出っ歯)開咬になる可能性も出てきます。

なかなか指しゃぶりをやめません・・・

3歳くらいまでにやめることができれば問題は無いと言われています。それ以降も継続してしまうと場合によっては歯並びに問題が出てしまうこともありますので心配な方は歯科医院で相談をして下さい。指しゃぶりなどは「悪習癖」と呼ばれるものでお子さまの意志だけではどうすることもできないことがほとんどです。ご両親を含めた協力が非常に大切になってきます。

下唇を吸う癖があるのですが、止めさせた方がいいですか?歯並びに影響しますか?

年齢的に小さいお子様は下唇を吸ったり指しゃぶりをしたりと様々な癖が見られます。下唇を吸う癖を長期間続けると、舌の前歯が内側に倒れてくる可能性は高くなります。しかし指しゃぶりなどの癖は、それをすることで心理的に安心することもあり、何でも無理にやめさせればよいものではないと思っています。かえって強引にやめさせるようにすることで心理的ストレスにつながる事もありますので、3歳くらいまででは経過を見ます。永久歯がでてきて歯並びに影響が出てる場合は矯正装置を入れて直していくことも考えます。

乳歯の歯並びで受け口の場合は、永久歯でも受け口になるのですか?

乳歯で受け口でも永久歯が出てきた時に自然に改善していることもありますが、可能性としてはそれほど高くないと言われています。心配な場合は、早い段階で歯科医院を受診して相談してください。

大人矯正も小児矯正も抜かないで床矯正治療を行う「SH療法」

SH療法

SH療法とは、特殊なスプリングを組み込んだ取り外し式の装置を用いて、アゴの骨を拡大しながら矯正治療を行う方法で、一般的な矯正治療より、矯正装置装着時間が短く、取り外すこともでき、抜歯になることや、痛みが少ないというとても有意義な矯正治療法です。一般的な床矯正より拡大する力が強いので、大人や永久歯が生えそろってしまった児童にも有効な床矯正です。

SH療法(SH矯正)のメリットまとめ

  • 矯正装着時間が短く済む

    矯正装着時間が短く済むドイツや日本で特許を取得したSlideX(スライデックスと呼びます)という拡大ネジを用いることで従来の床矯正(拡大床)より矯正力が強く、装置を入れている時間も拡大床より短く済みます。

  • 矯正で抜歯が必要になることが少ない

    非抜歯矯正一般的なワイヤー矯正は永久歯を抜歯し、その結果できたスペースを利用して歯を動かすことが多いですが、SH療法は顎を拡大することでできたスペースを使って歯を動かすので、結果、抜歯が少ないです。

  • 取り外し式の矯正装置

    取り外し式の矯正装置基本は1日8~10時間就寝時に装着します。装置を外して歯磨きもできるので、虫歯や歯周病にもなりにくいだけでなく、人に気づかれずに矯正が可能です。

  • 痛みが少ない

    痛みが少ない矯正SlideXは、形状記憶合金でできたバネを使用することで、従来のスクリューを用いた矯正装置でのアゴの拡大より痛みが少ないと言われています。

SH療法を受診できる歯科医院は少ない

SHTA(来院者の健康をトータルからサポートすることを理念に掲げ、今後の歯科医療から口腔医療への転換、つまり疾病対策から健康サポートに力を入れている研究会)に所属し、かつ特定の研修を受けた歯科医師のみがSH装置を用いた矯正治療を提供できます。

sample

江南市・犬山市で矯正歯科をお探しの方はぜひ当院へ

江南市・犬山市で矯正歯科をお探しの方はぜひ当院へ

江南市・犬山市で歯並びに悩みを持っておられる方は、ぜひ江南市・犬山市駅徒歩4分の当院までご相談下さい。矯正専門のドクターが無料で相談を承っています。治療費、治療期間、治療や装置の選択肢、痛みなど、不安なことはなんでも相談できますので、ぜひお気軽に活用してください。スタッフ一同、心よりお待ちしております。