呼吸・姿勢・足育

【息育(Sokuiku)】息をすることを習ったことはありますか?

呼吸

あいうべ体操を考案し、鼻呼吸を広めていらっしゃる福岡の今井一彰先生はよくこのように講演でおっしゃいます。皆さんは呼吸することを意識したことがありますか?正しく呼吸することが全身の健康維持に深く関わってきます。アトピーや喘息、虫歯や歯周病などの口の中の疾患にも、糖尿病などの生活習慣病にもアレルギー疾患にも、呼吸が関係しています(もちろん呼吸だけが原因ではありませんが)。

鼻呼吸できていますか?口呼吸は要注意!

口呼吸より鼻呼吸の方が多くの酸素を体内に取り入れる事が可能です。酸素の取りこみは人間にとって不可欠です。口呼吸を鼻呼吸に改善することで、口呼吸による弊害が取り除かれるだけでなく、酸素吸入量が増えることで血行が良くなり、「免疫力が上がる」「顔色がよくなる」「集中力が上がる」「小顔になれる」など大きいことから些細なことまで、メリットがとてもたくさんあります。

sample

口呼吸チェックリスト

下記項目のうち3つ以上当てはまったらあなたは口呼吸の疑いが強いかもしれません。

  • 睡眠時にいびきをかく、または歯ぎしりをする
  • 朝起きた時口が渇いている、またはのどがヒリヒリする
  • 頬がたるんできた
  • 鼻の穴を意識してふくらますことができない
  • 口を閉じると顎に梅干し状のシワができる
  • 食事の時にクチャクチャ音を立てる
  • 口臭が気になる、口臭がするといわれる
  • 口内炎が出来やすい
  • 風邪を引きやすい
  • 気づいたら口がぽかんと開いてしまっているときがある
  • 前歯が出ていて口を閉じにくい状態にある

わだち歯科クリニックが提供したい息育

息育

鼻呼吸をうまくやるにはどうすればいいのか、それをアドバイスやトレーニングしていくのが息育です。

もうお分かりだと思いますが、これは子供だけでなく全ての年代の方に必要なことです。

一度生きるために必要な『呼吸』について考えてみませんか?

【姿勢(Shisei)】姿勢とお口の深い関係

姿勢

当院は歯科医院なので虫歯や歯周病治療も行います。しかしどうして虫歯になったのが、どうして歯周病がコントロールできないのか…、を考えていくと口の中の細菌だけに着目しているだけではうまくいかない場合もあるのです。当院では「体全体のバランスを整えることで、虫歯や歯周病の原因を取り除く」ことも治療や予防に応用しています。

連鎖的なバランスの崩れ

身体の歪み人間は2本の足で立ち歩行します。その際姿勢を保つために体の色々な場所がバランスを取り合っています。

もし体のどこか1か所でも状態が良くないだけでいろいろな部位のバランスが崩れていきます。

一部のバランスが崩れると別の部分がそこを補うために必要以上の力を負担したり、かばったりすることでバランスも崩れていきます。つまり連鎖的にどんどんバランスが崩れていってしまいます。

かみ合せの重要性

咬合下から崩れ最後に崩れたバランスを調整するのは口の中、つまりかみ合わせとなるのです。

そしてかみ合せが悪くなることで、噛みやすい部分でばかりかむ頻度が増えていくと、磨き残し(プラーク)がたまりやすい部分ができ虫歯になりやすくなってしまうということにつながっていきます。

かみ合せが悪くかむ力が特に強くかかる部分の歯は、ひびが入りそこから虫歯になったり、歯そのものを抜かなければならなくなることもあります。

赤ちゃんと姿勢(お子様の将来的な成長発育に大きく変わっていきます)

ハイハイ

小さい頃の姿勢ってとても大切なんです。寝ている時の枕で呼吸のしやすさが変わってきます。抱っこひもを使う場合、使い方やメーカーによって首の成長に関係してきます。授乳のときのお母さんの姿勢で飲みやすさや赤ちゃんの口の中の成長が変わってきます。離乳食を与える時、最適な赤ちゃんの姿勢があります。また、赤ちゃんを座らせる椅子にも良し悪しがあります。

ちょっとの工夫や知識で、お子様の将来的な成長発育に大きく変わっていきますので、当院に通われる親御さんにはしっかりこのことをお伝えしたいと考えております。

わだち歯科クリニックが提供したい姿勢

姿勢指導

姿勢が悪く立ち方や歩き方が悪いほど骨盤に影響が出て、腰、肩、首そして顎関節やかみ合わせにも影響が出てきますので、当院では姿勢についても様々な形で情報提供・情報発信しています。

ご家庭で行える簡単な運動や姿勢を改善するためのヒントやアドバイスも提供いたします。ぜひご自宅でも取り組んでいただければと思います。

ご希望の方にはより具体的なアドバイスや指導、姿勢を正す「ストレッチ板」のご案内もさせていただきます。

【足育(Sokuiku)】身体の歪みは立ち方から

立ち方

足育とは、体の土台となる足、特に足の指をしっかり使えるように指導する分野です。地面に対してまっすぐ立つということは一見当たり前のことのように思えますが、今はそれができていない人が多くみられます。まっすぐ立つことだけでも、全身の筋肉のバランスが良くなり健康促進につながります。そのためには5本の足の指をしっかり伸ばして、そしてしっかり使いまっすぐ立つことが重要になってきます。

足指がしっかり使えていないと…

足指がしっかり使えていなかったり広がっていないだけで姿勢が悪くなったり、膝や腰、肩や顎の関節にゆがみが生じてきます。また、口呼吸や靴のサイズが合っていないだけでも、姿勢に影響を与えるだけでなく、足指の変形が生じたり、その結果まっすぐ立てなくなることもあります。

sample

わだち歯科クリニックが提供したい足育

足育

足育を通して小児の運動能力の低下、成人の方なら関節の痛みや生活習慣病自体を発症させている原因を軽減していくことも期待できます。

当院では健康なかみ合わせ、健康な身体を作っていくために、足育として良い靴の選び方や履き方、また健康になる歩き方、足指のトレーニングの仕方など、様々な足についての情報発信・情報提供をしつつ、ご希望の患者様には具体的なアドバイスもさせていただいております。