敷居の低い歯科医院 を掘り下げてみると・・・

投稿日:2017年9月6日

カテゴリ:就職・転職活動中の方へ 院長の独り言

わだち歯科クリニックは来院者の方々に対して ≪敷居の低い歯科医院≫ を目指しています

 

この≪敷居の低い≫ という言葉、最近よく新しい歯科医院で謳われています。当院でも謳っています。

 

当院がこのフレーズを気に入っているのは、多くの方が行きたいとあまり思わない歯科医院に、緊張せず(気軽に)来て欲しい、、、 歯科医院=特別な場所、と思わず定期的に美容院に行く感覚、毎日スーパーに行くような感じで通院してほしい、、、 

 

そんな思いからです。

 

ですが先日この≪敷居の低い歯科医院≫というフレーズが分かりづらいと、普段お世話になっているとある方に言われてしまいました(汗)

 

「敷居の低いと聞いて、行きたくない歯科医院とは思わないかもしれないけど、その言葉で“ここ行ってみよう!”とまでは思わないんじゃない?」

 

「どうして敷居が低いのかが分からないですよね~。そこが知りたいですよ~~」と。

 

その方曰く「他院に比べ○○という特徴・違いがあるから敷居が低い、となるんじゃないですかあ」と。

 

確かにその通りだと思い、今日はその○○を書いてみたいと思います。

 

ここまで前置き・・・・・、前置き長くてすいません。。。

 

でも、この○○に当てはまる言葉が医院の特徴になるわけなので、とても大切なことなのではないでしょうか。

 

 

○○=話をしやすい

 

考えてみて真っ先に思い浮かんだのが≪話しかけやすい雰囲気≫だと思いました。

 

歯医者の先生=怖そう・話しかけづらい

 

と思ったり感じたことありませんか?

 

「歯に穴が空いてるのに、どうして今までそのままにしてたの!?」と歯医者の先生に怒られたことないですか??

 

そういう過去に経験がある人ほど、どうしても歯科医院が行きづらい場所になってしまうと思っているので、当院では絶対そのような対応は患者さんへはしません。

 

「こんなこと聞いてもいいのかしら」

 

「自分自身のことじゃなく、子供のこと聞いてもいいのかしら」

 

「“そんなことも知らないの!!”と言われたりしないかしら」

 

そんな心配は当院ではしないで下さいね。

 

医者-患者

 

この関係性は、どちらかが上でどちらかが下ということは決してないはずです

 

あってはいけないはずです。

 

江南市や犬山市からも通院しやすい 扶桑町 わだち歯科クリニック は、そんな敷居の低い、患者さんから笑顔の「ありがとう」という言葉をたくさんいただくことを嬉しく感じる歯科医院です。