エクスペリエンス・マーケティング という思想

投稿日:2017年5月19日

カテゴリ:セミナー・研修報告 院長の独り言

昨日セミナー受講してきました。

 

“エクスペリエンス・マーケティング”

 

昨年知ってから、ボクが追いかけているものの1つであるマーケティングの思考法です。

 

・物や商品を売るのではなく、体験や感動を売る

・情報が溢れかえっている時代だからこそ、個の発信力が大切

・どんな情報かよりも誰からの情報か、が大切

 

そんな内容です(笑)

 

伝わらないですよね・・・。

 

ぜひエクスペリエンス・マーケティングの生みの親である藤村正宏先生の著書をご覧下さい。

 

猛烈にお勧めします。

 

IMG_6355_R

藤村正宏先生です。

 

昨日で藤村先生のお話を聴くのは3回目でしたが、何度聞いても心に響きます。

 

そしていつもかっこいい、オシャレです。

 

 

セミナー後の懇親会で隣に美容院を経営される方が座られたので、いろいろお話をする機会をいただきました。

 

美容院も歯科医院もたくさんあります。

 

特に東京などの大都市に行くと、あちらこちらに歯科医院があります。同じビルの違う階に歯科医院があったり、道路の迎え側のビルに歯科医院があったり・・・。

 

歯科医院も美容院も、顧客からするとありすぎて選ぶのが大変なのかもしれません。

 

そして歯科医院経営者という立場から考えると、たくさんある歯科医院の中から選ばれるのも大変なのかもしれません。

 

自分自身、美容院をどう選ぶか考えてみました。

 

「近いから」

 

という理由だけで今通ってるところを最初決めました。

 

ズボラなボクは、どんなお店かどのようなスタッフさんがいらっしゃるのかHPで調べることすらしませんでした。

 

HPで電話番号チェックしただけ(笑)

 

でも、それ以降ずっと通い続けていますし、ずっと最初の担当の方にお世話になっています。

 

それはなぜでしょうか。

 

・担当の方が感じが良かったから

・色々以前に話したことを覚えて下さっているから

・ずっと見てもらっていることで自分のデータが店に残っているから

・何かシャンプーなど購入する際、その蓄積されたデータや情報をもとに提案してくれるから

・ずっと見てもらってることで、「安心感」があるから

・他に変える理由がないから、他を探すのが面倒くさいから

  ・

  ・

  ・

  ・

 

などでしょうか。

 

きっと歯科医院を探す時も同じなのかなあ、と思います。

 

あと自分美容室を探す時はそうでなかったのですが、「○○さんがお勧めと言っていたから」というのも理由の1つですね。

 

そういうことを考えて情報発信も考えなくてはなりません。

 

「その情報発信は、誰に向けて何を伝えたいのですか?」

 

これは藤村先生のお言葉です。

 

蕎麦屋さんが「うちの店は○○をこだわっています」

 

その発信を望んでいる人が果たしてどのくらいいるでしょうか。その発信を見てお店に行きたいと思う人はどのくらいいるでしょうか。

 

今の時代、こだわりが無い蕎麦屋さんはありません。

 

「当院は○社のインプラントを用いています」

「当院は歯科用CTでインプラントの術前検査をします」

 

この情報でどこまでそのクリニックの魅力が伝わるでしょうか。

 

○社のインプラントを使うと患者様にはどんないいことがあるのか。

 

商品のスペックをいくらアピールしても消費者には伝わらない、その商品からお客さんはどんな感動や価値を感じることができるのか。

 

これも藤村先生の言葉です。

 

昨日のセミナーを聞いて、まだまだ考え直さなくてはならないことが増えました。

 

また愚直に考え、実行します (^_^)v

 

とにかく藤村正宏の著書を読んでみて下さい。

 

おススメです。