おにぎりを使って歯科から食育の話をしてみます ♪♪

投稿日:2017年1月20日

カテゴリ:赤ちゃん子育てヒント

乳歯が全て完全に生えそろう2歳半から3歳までの間は、前歯をしっかり使って食事をすることを心がけてほしいと思っています。

 

前歯をしっかりときちんと使う方が歯もきれいにそろい、並びやすくなります(歯並びが良くなりやすくなります)。

 

※なので5歳半から6歳半くらいで、前歯の永久歯が出てきて、その部分の歯並びを気にしている保護者の方には、矯正治療開始時期に到達していなければ、食事で積極的に前歯を使うように献立で工夫することを提案しています。

 

 

おにぎりの形で 『食育』 の話をしてみます ♪

 

赤ちゃんに前歯をしっかり使ってご飯を食べるようになってもらいたいので、おにぎりの形も工夫してみましょう。

 

前歯上下4本ずつ(つまり上下で合計8本)揃わないうちは、卓球のピンポン玉1(~2)個くらいの大きさの可愛らしいコロコロおにぎりを食べさせてみましょう。

 

上下の前歯合計8本揃ったら、俵型や円柱型におにぎりの形をアレンジしてみませんか?手でつかんで食べやすいと思います(手づかみ食べもしやすいと思います)。恵方巻みたいな形をイメージしてみて下さい。

 

※恵方巻のテレビCMを見たので、今回のテーマを思いつきました(笑)

 

奥歯も生えてきたら、普通の三角おにぎり(もしくは丸型)でいいと思います。大きさはその子の食欲で決めて下さい。

 

どんどんお子様におにぎりを持たせて、パクパクむしゃむしゃと、かぶりつかせてくださいね。

 

 

箸やフォークを使い始める時期は?

 

箸やフォークを使い始める時期・年齢ですが、お子様が親や周りの人が使っているのを見て、興味・関心を持っている仕草や素振りを見せたら始めてみる、という考えでいいと思っています。

 

とりあえず食卓に赤ちゃん用の箸やフォーク、スプーンを並べてみて下さい(もちろん最初のうちは危ないので、危なくない赤ちゃんのモノを使い、保護者の方はしっかりと監視してて下さいね)。

 

最初のうちは箸を握り、食べ物に箸をさすような感じかもしれませんが、まずは箸やフォークを身近に感じることから始めてみてはいかがでしょうか。

 

よければ参考にしてくださいね。

 

 

また来週、このブログ『赤ちゃん子育てヒント』更新します。

 

毎週末、ブログ更新を地域の皆様に、楽しみにしていただけるようなブログにしていきたいです ♪

 

目指せ 毎週更新!

 

 

 

おまけです。

ブラックボード更新しました。

 

IMG_5173_R

よろしければクリックして見てみて下さいね。