低血糖症ってご存知ですか???

投稿日:2016年3月29日

カテゴリ:食と栄養・サプリメントコラム

今日もインターネットからの記事の引用です。

最近そんなのばかりですよね・・・。

お許しください。

さてさて、今日は『低血糖症』についてです。

低血糖症ってご存知でしょうか?

糖尿病は血糖値が高い方がそう診断されます(今回は、書きたい内容と異なりますので、糖尿病についてはこの程度の大雑把な説明で終わります)。

なので、低血糖症は血糖値が正常値(基準値)より大幅に低い方・・・・・・・、

ではありません。

低血糖症とは血糖値の上下幅が大きい方のことを言います。

食事をすると血糖値は上がります。

糖質(炭水化物を含みます)のほうが血糖値の上昇は急激になります。

上がった血糖値を下げようとしてインスリンが分泌されます。

インスリンによって下げられるのですが、その上がり下がりが頻繁であったり(糖質を取る回数が多いと頻繁になります)上がり下がりの差が大きいと体にいろいろな害を及ぼします。

それが低血糖症であり、結構やっかいな疾患です。

今回の記事は、主に低血糖症と歯ぎしりの関係について書かれています。

記事は こちら です。

この記事の内容については、就寝時歯ぎしりをする方によく当院では説明させていただいています。

インスリンが多量に分泌されると、それに伴いアドレナリンも多量に分泌されます。

その結果興奮状態になり、歯ぎしりにつながる、というわけです。

歯ぎしりをしている方は、もしかしたら普段の食事で糖質(炭水化物)が多い傾向があるかもしれませんよ。

記事の方が分かりやすく丁寧に書かれていますので、ここまで読んで興味を持たれたらぜひクリックして記事を読んでみて下さい。

歯ぎしりと糖質(食事)が関係しているって不思議な感じしませんか?意外な感じしませんか??

糖質は至る所で悪影響を及ぼします。

虫歯になりやすいから甘いモノ(糖質)を控えて下さい、というだけの理由ではないんです。

長文最後まで読んで下さりありがとうございました。